豊かな教育を目指し、
新しい学びの場

     

 令和3年4月、小中一貫校から義務教育学校「戸沢学園」として開校しました。
小中一貫教育をさらに推進し、ふるさと戸沢を愛する心豊かな子どもたちの育成に取り組んでいきます。

学校あいさつ

 平成29年4月に小中一貫教育校戸沢小中学校を開校してから4年が経過しました。この4年間の小中一貫教育の成果と課題を踏まえ,小中一貫教育をさらに進めていくため,令和3年4月義務教育学校「戸沢学園」として再出発します。制度的にも1つの学校として,1つの組織でさらに9年間のスパンと多くの教職員で,子ども一人一人に寄り添った教育を行っていきます。

 これまでの教育と大きく変わることはないわけですが,義務教育学校となることでの一体感を核とした学校運営が行えるものと考えていますし,それをやっていくことが使命と考えています。

 義務教育学校として,高学年の教科担任制と英語教育に力を入れていきます。教科担任制は,中1ギャップの解消のみならず学力の向上にも効果が期待されますし,複数の教員の目で子どもたちをみていくという意味においてもそのよさがあります。

 また,ICT教育の環境も整備されました。GIGAスクール構想とともに村の大きな支援を受けて,全ての教室に電子黒板を配置しました。この恵まれた環境の中での先端の教育と地域と一体となった共育カリキュラムの両輪で戸沢学園の教育を進めていきます。戸沢への誇りと愛着を持った子どもを育てるため,教職員一同力を合わせて教育にあたっていきます。今後とも,関係各位のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

戸沢村

 この地域は最上峡谷の美しい自然が残され、特に杉と広葉樹の天然林が広がり、杉とブナの混合林は全国的に珍しいといわれている。砂子沢では貝の化石が採集されるなど、古代人の住居跡 や楯跡が多く残っている。また、本校西方に船番所を起点とする舟下りがあり、毎年多くの観光客を集めている。近年は船下りを楽しむ外国人観光客も増加し、季節を問わず訪れる観光客はたえない。仙人道や白糸の滝周辺は平安時代からの景勝地であり、地域をいかした生活科と総合的な学習の素材として活用している。

「自立・活力・協働による元気な村の創造」を村のシンボルテーマとし、次の5つの基本目標を掲げて、
保護者と地域が連携・融合して、子どもの教育に取り組んでいる。

  安心して暮らせる潤いとやすらぎのある村づくり

  活力に満ちた豊かな村づくり

  健康で笑顔あふれる元気な村づくり

  文化と自然を大切にする心豊かな村づくり

  村民の参加と共同による村づくり

村の木 山ノ内杉

最上峡一帯だけに分布する貴重な天然杉。樹齢は1千年ともいわれ、別名「土湯杉」「神代杉」とも呼ばれている。一つの根から複数本の幹が分裂し、枝葉が細かく、地上4メートルから伐っても枯死しないという自然杉である。
(昭和60年9月制定)

村の花 ヒメサユリ

高山や山地に生える多年草で、6~8月茎の先に1~3個の花が咲く。自然地は日本でも限られており、現在での北限は戸沢村とされている。
(昭和60年9月制定)

アクセス

戸沢村立戸沢学園初等部

〒999-6402 山形県最上郡戸沢村蔵岡2905-7

電話: 0233-72-2502

FAX: 0233-72-2503

戸沢村立戸沢学園中等部

〒999-6402 山形県最上郡戸沢村蔵岡2905-7

電話: 0233-72-2506

FAX: 0233-72-2503